あつ森動画随時UPしてます!
アドセンス

JINにおすすめなGoogleアドセンス広告の貼り方と注意点

記事説明用画像
ブロガーちゃん
ブロガーちゃん
ぬおりぁーーーっ!!ついにGoogleアドセンスに合格できたー!早速広告貼っていきたいんだけど、貼り方とか注意することってある!?

そんなあなたに読んでほしい記事です。

 

えもまる
えもまる
こんにちは!運営者のえもまるです。

今回は特にJINの方向けに、Googleアドセンスに合格後の広告設置方法と、ついつい浮足立ってしまいそうなあなたに心得ておいてほしい事を紹介していきます。

 

この記事の内容

JINの方向けGoogleアドセンスの広告の貼り方

広告を貼る際に注意しておくこと

この記事を読むべき人

Googleアドセンスに合格した後の広告の貼り方を知りたい方

収益化ばかりではなく、広告を貼ることのデメリットの部分も考慮したい思慮深い方

 

まずは、、、

Googleアドセンス合格おめでとうございます!!!!!!

これから、収益化を目標にしてみなさんで切磋琢磨していきましょう!

ところで、収益化ばかりに気を取られて広告を貼りまくってしまうと起きうる出来事はご存じでしょうか?

せっかく合格したのに、注意すべきことを知らずに運営を続けて、広告が貼れなくなってしまったなんて悲しい出来事は避けたいものですよね。

今回はそんなお話も含みます!早速行ってみましょう!!

Googleアドセンスに合格すると設置できる広告

アドセンス合格説明用画像

Googleアドセンスに合格後に設置できる広告には手動広告と自動広告の2種類があります。

手動広告

記事下タイトルの下や最初のh2タグの上、記事の一番下などの主に固定位置に表示する広告の設置が可能です。

自動広告

Googleが最適と思われた位置にランダムで広告が設置されます。サイトタイトルなどの目立つ位置や記事の中で最適と思われる部分などとにかくランダムで割と無秩序に設置されます。

今回メインで紹介させていただくのは手動広告になります。

理由としては、一時期、手動広告&自動広告の二刀流でサイト運営をしていたのですが、自動広告にはデメリットが結構あると感じたためです。

そのデメリットに関しては後程説明させていただきます。

Googleアドセンス合格おめ!JINでおすすめの広告の貼り方がこちら

Googleアドセンスに合格された、JINの方が設置しておきたい広告は以下になります。

まずは設置しておきたい広告

ディスプレイ広告

  • 記事タイトル下の広告
  • 最初の見出しh2タグ上の広告
  • 記事下の広告
  • 関連記事下の広告

インフィード広告

まずは上記の設置をしていきましょう!

ディスプレイ広告の貼り方

基本的にディスプレイ広告の設定はテーマJINにもともと備わっている広告管理という機能を使用していきます。

ディスプレイ広告

  • 記事タイトル下の広告 → アイキャッチ画像があればその下に表示される
  • 最初の見出しh2タグ上の広告 → 目次があれば目次の上に表示される
  • 記事下の広告 → タグの下に表示される
  • 関連記事下の広告 → その名の通り関連記事の下に表示される

これらを設置すると下の画像のような見え方になります。

アドセンス広告の見え方の画像

表示される広告の内容はランダムですが、記事の内容に関連のありそうな内容が表示されている印象です。

これら4つの広告の設置方法はすべて同じです。

注意する点としてはJIN公式で推奨される広告サイズにすることだけです。

それでは広告の設置方法を順に解説していきます。

 

 

アドセンス広告の設置方法1

①Googleアドセンス管理画面の「広告」をクリック

アドセンス広告の設置方法2

②「広告ユニットごと」をクリック

アドセンス広告の設置方法3

③「ディスプレイ広告」をクリック

アドセンス広告の設置方法4

④広告ユニットの名前を入力

「記事タイトル下」や「h2タグ下」などのわかりやすい名前を付けてみてください。

⑤「レスポンシブ」と「固定」を選択できます。

記事タイトル下の広告

アドセンス広告の設置方法7

この画像のように広告サイズは「レスポンシブ」で「スクエア」型でよいと思います。(好みによって横長や縦長でもOK)

最初のh2タグ上/記事下/関連記事下の広告

これら3種類の広告には推奨サイズがあるので「固定」にします。

⑥サイズを指定

JIN公式からのそれぞれの推奨サイズは以下のようになります。

  • 記事タイトル下の広告 → 特にサイズの指定なし
  • 最初のh2タグ上の広告 → 【PC】336×280 【スマホ】300×250 がおすすめ
  • 記事下の広告 → 【PC・スマホ】300×250 がおすすめ
  • 関連記事下の広告 →【PC・スマホ】300×250 がおすすめ
    ⑦「作成」をクリック
アドセンス広告の設置方法5

⑧「コードをコピー」をクリック

⑨「完了」をクリック(*クリックする前に⑩⑪へ進んでもOKです)

アドセンス広告の設置方法6

⑩WordPress管理画面の「広告管理」をクリック後、空欄には「スポンサーリンク」などと入力

⑪コピーしたコードを貼り付け

以上で広告の設置は完了です。

おおよそ1時間もすれば広告が表示されているはずですのでウキウキしながら確認してみてください♪

そして、そのほかの設置個所にも同様の手順で広告を作成してコードを貼り付けていってくださいね!

ちなみに広告管理はJIN公式にも使い方が解説されていますよ!

インフィード広告の貼り方

インフィード広告の設定に関してはJIN公式のページがかなり詳しく解説してくれていますので下のリンクへ飛んでみてください!

正直が僕が説明する必要はないです(笑)

広告を貼るときの注意点

広告設置には注意すべき点がいくつかあります。

ディスプレイ広告の注意点

先ほど設置したディスプレイ広告4種は、コンテンツの薄いページには表示させないようにしましょう。JINの場合は記事投稿画面から設定が可能です。

Googleは基本的に「価値の低い広告枠」を嫌いますので、中身のないページに広告を表示していると、警告が来る可能性が高いです。

内容の薄い固定ページ

お問い合わせページ

プライバシーポリシーページ

などは下の画像を参照して、広告を非表示にすることをおすすめします。

アドセンス広告の設置方法8

記事作成画面の右側に設定箇所があります。

チェックを入れれば記事内で広告を非表示にできます。

 

自動広告を貼るときの注意点

自動広告はサイトに表示される広告の数が増えるため、クリックされる確率は上がるかもしれません。

実際にいろいろな方の収益情報を見ると、「自動広告設置後に収益が増えた」という内容をよく見ます。

なので自動広告に関しては完全に個人の好みです。

ただ、僕は以下の点から自動広告の設置をやめました。

自動広告を辞めた理由

まじで無秩序に記事のいたるところに設置される

広告表示率を最低にしても、モバイルのサイト表示速度が74→40にまで落ちた

アフィリエイト記事ではGoogleアドセンスから広告表示がされないようにURLを送信しないといけない(割と手間)

特に、広告表示率を一番低くしても、モバイルの表示速度のスコアがかなり下がったという部分は痛かったです。

収益化を考えるあまり、ユーザーのサイト離脱率が増えたら意味ないですからね。

ある程度PV数が集まってきたら、自動広告あり/なしの場合で、収益やユーザーの動きにどんな変化が出るのかを実験してみるのがいいかもしれませんね。

また、別のASP会社のアフィリエイトリンクや広告を貼っている記事でGoogleアドセンスの自動広告をONにしておくと、アフィリエイトリンクとアドセンス広告がかなり近い位置に表示される可能性があるらいのです。

GoodleアドセンスやASPサイトは誤クリックを嫌いますので、異なる会社の広告が近い位置にあるという状況は避けた方がよいと思われます。

よって、アフィリエイト記事では特に自動広告はOFFにすることをおすすめします。

方法としては、下の画像のように自動広告を表示しないページURLを一つ一つ送信していく感じです。

アドセンス広告の設置方法1

①「広告」をクリック

アドセンス広告の設置方法9

②設定したいドメインの欄の「編集ボタン」をクリック

アドセンス広告の設置方法10

③除外ページの「管理」をクリック

アドセンス広告の設置方法11

④「除外設定を追加」をクリック

アドセンス広告の設置方法12

⑤自動広告を表示させないページのURLを入力

⑥「このページのみ」にチェック

⑦「追加」をクリック

アドセンス広告の設置方法13

⑧前のページに戻って「サイトに適用」をクリック

えもまる
えもまる
もし自動広告をONにする場合は、アフィリエイト記事のURLを都度「ページ除外」していってくださいね!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

主にJINの方向けに、Googleアドセンスのおすすめの広告の貼り方と注意点を紹介していきました。

Googleアドセンスに合格できたとしても、実際に収益化できるまでには数カ月と時間がかかるかもしれません。

最初のうちはとにかく質の高い記事を意識して記事を量産していきましょう!

SEO評価がされてくる時期にその努力がきっと報われるはずです!!